2018年08月15日

自走で直江津へ! ロードバイクでCtoCライド その1

8月13、14日。
1泊2日で自走、直江津へひとり旅ライドに行ってきました。
前からずーっとやってみたかったライド。ろんぐらいだぁす!で、亜美ちゃんと葵ちゃんが行ってましたよねー。

ろんぐらいだぁす!の直江津 COAST TO COASTはこちらのコース。
この出発地は片瀬江ノ島ですが、私は8月4日に荒崎(横須賀)で太平洋の水を汲んで家まで自走したので、それでOK ということにさせてもらいました。(ΦωΦ)フフフ…


前日までの天気予報が二転三転。走っている途中、軽井沢〜上田あたりで雨を免れない予想になっていたので、本当は朝4時に出発しようと思ってたところを2時に出発に変更。
それによって、ナイトライドの装備が必要になり、家にあるライトをかき集めてきました。

【ライト】
・CATEYE VOLT800(いつもの装備)
・CATEYE VOLT400(ジテツウで使っている装備。これを着けてフロント2灯に)
・型番忘れちゃったけど、小さめのCATEYEライト(ヘルメットに)

・リアにCATEYEラピッドミニ
・ヘルメット後ろにBikeguy トライスター リアライト

・腕にはめるタイプの点滅ライト

…ブルベを走る人たちはもっと着けてるけど、このくらいでいいかな(|| ゚Д゚)

【他に準備したこと】
・上田で旅館の予約(直前に思い立ったので、あまり選択肢がなかったけど、いい旅館でした)
・上田の宿泊地に宅配便で着替えを送る
・直江津郵便局へ、局留めで着替えを送る
・1泊した後のいらない荷物を送り返すためのレターパックライト
・帰りの新幹線の手配(上越妙高駅発、東京方面最終新幹線)

そして前の晩に寝付けず、急に思い立って、輪行袋を縦型に変更しました。←縦置き輪行袋になれていないので、備品に不足があり、あとでとんでもないことに…

1日目のルートはこんな感じ。ブルベの海野宿300を参考にアレンジしました。
自宅の練馬から宿泊地の上田まで、188.5km・獲得標高1753m。私の走力的には問題ないハズだけど、問題はナイトライドと雨。
さて、どうなる??


01所沢街道.jpg
私はグループライドの帰りが遅くなることが多いので、夜の走行はまぁまぁ慣れてるはず なんていう自己評価で、新青梅街道→所沢街道に入り、小川町方面を目指します。
お盆の深夜の道は、車が時々通るくらいで快適。
…と思っていたら、入間を過ぎたあたりからほとんど車がいなくなり、真っ暗闇の中をひとり。これは「車が怖い」「変質者がいたらどうしよう」というのとは全く別の怖さがあります(((( ;゚д゚)))

まだ全然疲れは出てなかったけど、怖くて震えが止まらず、38km地点の高麗川ローソンで休憩。
お店の灯りが本当にほっとする…。夜明けまであと1時間!

02夜明け.jpg
ローソンで一息ついてから出発。
飯能からときがわへ向かう県道30号線。真っ暗だと全く別の道に感じる…(怖い)。
5時前に明るくなり、小川町で日の出を迎えました。
曇り空で、感動的な朝日は見られなかったけど、明るくなった街がうれしい。

この日は、それほど気温は高く感じなかったけれど、とにかく湿度が高い。
コンビニで氷とドリンクを頻繁に補給しながら進みます。

03フルーツオンザヒル.jpg
そしてmomさんのレポートを読んで「ここは行きたい!」と思ってた、高崎のフルーツオンザヒルに7時30分に到着!
…と思ったら、やっぱり閉まってる_(:3」∠)_ 開店時間は9時。残念すぎる。。。

04白倉神社.jpg
道から大きな天狗の面が見えたので、脚を止めてぱちり。甘楽郡の白倉神社というところです。

05白倉神社.jpg
ざっくぅさんもぱちり。
参拝は割愛。雨に降られないように急がないとね!

06富岡製糸場.jpg
8時15分、世界遺産・富岡製糸場に到着〜。開園時間前だったようですが、もう入場待ちの行列ができてました。
この時点で110km。半分以上来たけど、これから本日唯一の峠、碓氷峠が待っている。

07こんにゃく畑.jpg
さらに進むとこんにゃくの畑がとても多くなってきます。さすがグンマー。
あ、これ、こんにゃくなんですよ。地面に蒟蒻芋ができて、それをゴニョゴニョしてこんにゃくになります。最初にこんにゃくの製造方法を考えた人は、本当に凄いと思います 笑

09おぎのや.jpg
そして横川のおぎのやで、峠の釜めしを( o﹃o ) ♡ ここ来たら食べなきゃでしょー。
アン子はお店の外で3ロック←1人ライドなので、鍵は3本持ってきてる。えりゃい!

08おぎのや.jpg
峠の釜めし、単品1000円。いつ食べても美味しい〜

10めがね橋.jpg
そして碓氷峠に入り、めがね橋へ。
お盆だからか、前回(5月)来た時より車多め。そして観光客が多くて写真撮りづらーい!!
ローディーも結構走ってて、写真頼まれたりしました。軽井沢方面からくるローディーが多かったなぁ。

11めがね橋.jpg
何枚も何枚も写真撮ったけど、みんな人が入っちゃって… 人の切れ間を狙うのがめんどくさくなって先に進みました。
碓氷峠を登り始めて5-6km地点で、雨と雷がやってきました。
「どうしよう〜! でも隠れるところもないし、進むしかない」と思って進みましたが、碓氷峠頂上にたどり着く頃には止んでいたのでほっとしました。

12碓氷峠.jpg
碓氷峠ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧
130km走った脚でも斜度はやっぱりゆるい。でもいつにも増してのろくしか走れない_(:3」∠)_

13碓氷峠.jpg
群馬→長野、長野→群馬 と県境をパチります。

14碓氷峠.jpg
一応石碑の前でもね。

15碓氷峠.jpg
ドヤ顔のざっくぅさん(キミが走ったのではない)。

16軽井沢.jpg
碓氷峠で写真を撮って、すぐに軽井沢へ下ります。
また雨が降ってくるかもしれないから、急がないとヽ(•̀ω•́ )ゝ✧
軽井沢から中軽井沢過ぎあたりまでは、ずーーーーっと渋滞。上り車線も下り車線も。
横をすり抜けながら進みます。

18ジェラートちるちる.jpg
小諸を過ぎたあたりにある、ジェラートちるちるへ。
まぁこさんからオススメいただいたので、急遽コースを変更していったんだけど… 小諸駅付近からジェラートちるちるへ向かうと、そこそこの斜度の坂を3.5km登らされました_(:3」∠)_
軽井沢からあとは下りのハズなのに、この絶望感!!

19ジェラートちるちる.jpg
桃のシャーベットとコーヒーのダブルをセレクト。
ジェラートはとても美味しくて、この道は景色もよくて走りやすく、登ってきたかいがあったかなー 笑

20ジェラートちるちる.jpg
ジェラートちるちるの裏手・花畑がキレイだったのでぱちり。

21ジェラートちるちる.jpg
ざっくぅさんも嬉しそう
そしてこの眺めのいい県道79号から左折。下って海野宿へ。

01海野宿.jpg
海野宿に着きました!
ここは、ロードバイクに乗る前から観光で行ってみたかったところ。古い宿場町って好き。

02海野宿.jpg
練馬のわが家から約180km、やっとここまできたねー、ざっくぅ

03海野宿.jpg
海野宿の入り口のところでぱちりと何枚か記念写真。
お店も開いていましたが、さっきジェラート食べたばっかりだし… 特に食べたいものもないので、ゆるっと宿場町の中を走って上田方面へ抜けます。

04海野宿.jpg
ロードバイクで走ってしまえばあっという間に過ぎてしまうような宿場町ですが、とても雰囲気があってよかったです。

そして15時24分、上田駅に到着! 旅館にチェックインします。

この日の宿泊は、上田温泉ホテル祥園さん。
上田駅から近い、温泉のあるホテルです。
事前にお電話して、輪行袋を持ち込む許可を取っておきました。

何しろお盆で、2週間前を切ってから急に思いついた旅なので、もう宿泊の選択肢がほとんどない状態でしたが、1人宿泊可能な旅館・お値段も1室9500円(税別・入湯料別)というリーズナブルなお値段設定(私が予約後、予約サイトで料金を確認したら、値段が上がっていたので、値段設定間違えていたらしい 笑。どおりで安かった。)

06上田ホテル.jpg
お部屋に通されてみると、立派な和室Σ('◉⌓◉’)
設備は古いのかもしれないけど、洗面台やトイレなど最新の設備に改装されてるし…これはお値打ち!

08上田ホテル.jpg
なんと、1部屋の中に階段があって…

07上田ホテル.jpg
2階にお布団Σ('◉⌓◉’)
…ちょっと2階でひとりで寝る気がしなくて、掛け布団と枕を下に降ろしてきて、座布団で寝ました(貧乏性)。

09上田ホテル.jpg
これ、お風呂。
私が泊まったのは別館の方で、これは別館のお風呂です。小さめだけどいい温泉ー!
本館の方にも10人くらい入れる温泉があるそうなんですが、そちらには行きませんでした。

チェックインしてからすぐ、激しい雨と雷が鳴って「走ってる時じゃなくてよかった…」とホッとしたのでした。


2日めに続きます。

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
posted by よーし at 19:00| Comment(0) | 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。